みなさんはWEB会議をご存知でしょうか?これは簡単にいえば、言葉通りWEBを介した複数人間でやりとりをする会議システムのことです。テレビ会議やビデオチャットのようなものと混同してしまいそうですが、実は少々違います。テレビ会議が遠隔地にいる人達がモニター画面に映し出され、まるで普通の会議のようにお互いの顔を見ながら行うのに対し、WEB会議(無料もあります)の場合は主に資料やデータ、ファイルなどの情報をパソコン間で共有する目的で利用するシステムです。このように、WEB会議システムはパソコン間のデータの共有に優れているので、例えば、居場所がバラバラの複数メンバーで共同作業が発生するようなプロジェクト案件などで特に有効的です。

システム開発などの場合、音声よりもPDFなどの資料データやソフトフェアなどの貴重なデータを共有したりやりとりしたりする必要があるからです。今は、インターネットインフラが整備され、クラウドサービスやスマホなどのポータブルデバイスの普及もあり、仕事のあり方も変わってきています。一昔前のような組織単位ではなく、今は個人の専門家同士がプロジェクト単位で1つの仕事を共同でやるといったシーンが増えてきました。このような時代だからこそWEB会議システムを利用する機会も増えているようです。

ちなみにWEB会議には無料で利用可能なものも既に数多く製品化されていますので、興味のある方は一度試しに利用してみるといいかもしれません。それで気に入れば、無料版ではなく高機能な有償版へ移行するという流れが良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です