インターンシップとは、学生が一定期間企業で研修生として働くことです。日本の4年制大学では、3年次の夏や春の長期休暇の時に行います。インターンシップにはメリットがあります。それは、実際に仕事や業界に関わりを持つことができるということです。

多くの企業が直接の内定は考えずに、学生に社会を経験してもらうために用意しているので、失敗を恐れずに経験を積むことができます。またアルバイトなどでは限られた体験しかできませんが、多くの企業で体験することで自分の選択肢も広がります。そして、会社説明会やOBやOGの訪問では語られない情報も、身を持って知ることができます。会社の雰囲気や実際に働いている社員の生の声から、具体的な志望動機を見つけるきっかけを作ります。

会社をある程度理解しておくと、面接にも自信が持てるなどの就職活動が有利になります。インターンシップは時間が限られているので、事前に大まかな会社の情報を整理しておきます。その業界を知ることで、先輩社員の伝えたいことも理解でき、実際に与えられた仕事も上手くこなすことができます。滅多にない貴重な時間を有効活用するために、事前の下調べが重要です。

また面接の時にインターンシップに参加したというだけでは、面接官に魅力的なアピールをしたとは言えません。企業側はそれを通して何を学んだかを重視します。自分がどう成長したか説明できるように、有意義なインターンシップを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です