企業の中には採用活動の一環でインターンシップを設けているところもあります。それは求職者と会社のマッチングを図るためであり、面接などの選考では人となりを十分に判断できず、場合によっては早期退職を招いてしまうことを極力避けるためです。また、実際に入社した後に任せようと思っていた仕事ができなかったり、経験やスキルが異なっていた場合には採用活動そのものが失敗であり、結果として時間とコストの無駄になってしまう可能性もあるので、事前準備としてインターンシップの機会を設けることは非常に重要な側面を持ち合わせています。そして求職者の側としましても実際に仕事を経験してみることによって、事前に調べた情報が正確であるのか、あるいは自分に合ったものなのか、そして働き続けることが可能な環境なのかを見定めることができる機会となります。

社会を経験する前の学生の身分でインターンシップに参加することは、実社会を学ぶ良い経験にもなり、実際に社会に出る前に勉強をしておくことによって、スムーズに社会に溶け込めるようになります。また、社会に出る前はあくまでイメージで目標を設定して会社を選びがちではあるのですが、実際に働いて経験することによって、目標を定め直したり、自己分析を改めることにもつながります。インターンシップは会社側にも求職者側にもメリットがある制度ですので、積極的に取り入れている会社の数は年々増加傾向にあるといえるでしょう。営業支援のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です