営業活動を円滑に行うために利用されるSFAですが、現在、数多くのメーカーからサービス提供されています。どのサービスを利用しても営業活動に有益であることは言うまでもありませんが、それぞれのサービスには特徴があります。自社のニーズに応じたサービスを選定することが重要です。SFAを導入することにより、どの立場の方であっても何らかのメリットがあります。

現場で営業を行う営業マンにとっては、SFAを活用することで営業成績の向上が見込めます。営業マン個々の営業スキルが営業成績に直結する傾向がありますが、営業スキルを共有することで全体の営業力アップが見込めます。営業成績の良い営業マンがどのような営業を行っているかをSFAにより把握することが可能です。課題や改善点を可視化することもでき、問題解決に向けて早急なアプローチの手助けとなります。

マネージャーにおいても営業活動がリアルタイムで把握できることで、早急に営業マンに指示を出すことが可能となります。場合によっては直接指導できないケースもありますが、SFAであれば場所や時間を気にすることなく情報共有できます。経営層においては、これらのデータを集計・分析することで、営業戦略の立案に生かすことができます。基となるデータは自社の営業マンの生の声なので、自社にマッチした営業戦略を立てることが可能です。

このようなデータ活用が軌道にのれば、必要不可欠なシステムになること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です