複雑な機能を持ったSFAだと、使用中に迷ってしまったり、間違った使い方をしたりしてしまい、結果的に業務を増やすことになりかねません。だからこそSFAはシンプルで、誰でも簡単に操作できるものを選択する必要があります。近年は全国的にパソコンが普及していますが、すべての人がパソコン操作が得意というわけではありません。だからこそシンプルで、パソコン初心者の方でも操作ができるSFAを導入する必要があるわけです。

使いやすいSFAの特徴は、最低限の機能を備えたタイプです。機能が多くなればなるほど操作は複雑になりますし、導入費用が高額になります。なるべく費用をかけずに結果を出すためには、常に費用対効果を重視する必要があります。逆にいえば結果につながると想定されるなら、多額の資金投入をしても問題ありません。

特に初期の段階で大きく売り上げを伸ばせば、そのまま加速度的に倍増していく性質があるので、資金の投入は節約しすぎないようにしましょう。SFAにはさまざまなタイプがありますが、画面を見やすいことは欠かせないポイントです。文字だけでなくグラフの視認性がよいこと、ひと目で現状の把握ができること、などは特に重要になります。営業における改善点にいち早く気づければ、即座に対策ができます。

最も注意したいのは改善点に気づかないまま、惰性で営業を続けてしまうことです。問題を解決するためには、まずは自覚することが前提になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です