多くの企業が効率化をすすめることで、営業にかかる負担は年々大きくなってきています。同じ物を売っている場合でも、そのプロセスが違うことで成約率は大きく変わってきます。属人的な方法で運営されている企業はなかなか成果が出せなくなり、より個人に負担をかけるようになってしまいます。それも限界がありどこかで変換を迫られるでしょう。

そんなときに使いたいのがSFAです。SFAはセールスフォースオートメーションの略で、そのまま日本語にすると営業戦力自動化になります。自動化と言っても無人化するわけではなく、属人化していた営業戦力を組織として統一した運用に変えるというものです。営業のやり方は人それぞれです、結果として、個人の成績に影響します。

だからこそ個人により良い結果を求めてしまいがちですが、そこで組織のサポートがあれば、より良い結果が得られるようになります。SFAで得られる良い結果は、営業の活動全体を組織として管理できること、成績の良い人の活動を全体に展開できること、それによって個人の負担が少なくなるというものです。案件情報を共有し、進捗を管理します。時間がかかるものや難しい案件について組織で対応を行います。

成績が良い営業担当者には、その理由があるはずです。そのメソッドを解析して、他の者にも同じことをさせることで底上げを行います。チームでの営業を構築し、同じプロセスで対応できれば無駄がなくなり効率よく案件を処理することが可能です。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です