CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)の略であり、「顧客関係管理」と日本語でビジネス用語として使用され「顧客へ適切な対応をすることで良好な関係を築き維持・継続するための顧客関係管理ツール」を意味しています。CRMは顧客を中心に考えた行動をとるビジネスの方法でコロナ禍の影響もあり顧客の価値観も多様化し市場ニーズも細分化されている現代では、顧客が何を求めているか正確に理解しそれに対する適切な戦略が必要で良好な関係を作って行くことで確実に効率的に利益を最大化し成長することを目指して運営する考えで、この考えを導入している大企業が数多くあります。ITシステムの発達で膨大な顧客情報を得ることと管理することが可能になり、顧客分析結果を共有することが、営業に顧客のニーズをピンポイントで伝え信頼と信用と期待を抱かせることが売り上げ・利益アップにつながるため、このCRM手法はITツールを指すケースも増えてきました。このツールを導入する最大のメリットは、誰になぜこのアイテムが求められているかを正確に把握しなければ似たような商品やサービスが増え多様化した価値観とインターネットの存在により、他社に既存の顧客が流れ出てしまう恐れと外部の環境を敏感に感じ取らなければ成長が止まってしまう可能性を避けられることと、顧客の希望や需要に対応するためには情報の蓄積を連携させて共通した可視化を実現させられることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です