SFAはセールスフォースオートメーションの略になります。直訳は営業力自動化ですが、営業支援システムと呼ばれることがほとんどです。導入の目的は営業の生産性を高めることで、成約へのプロセスの効率化を図ります。具体的には人に依存していた営業を、システムに置き換えて誰でもできるようにすることです。

SFAを導入することで、営業現場の情報が一元管理されます。透明化された状態で、誰もが案件の進捗を見ることができます。引き継ぎも容易にできるので、他人の案件でもサポートに入ることも可能です。情報の共有だけでなくプロセスを構築して統一の活動が行えるようにすれば、新人でも同じようなパフォーマンスを期待できます。

業務の効率も高くなるので、無駄がなくなるでしょう。SFAは現場の把握を可能にする機能なので、顧客情報と営業活動、スケジュール管理が一元化され共有されます。組織全体ですべての案件に対応するような感じになるので、団結力が強くなります。部下の指導も共通化されるので、偏りがなくどこに行っても同じアプローチが可能です。

良い見本の水平展開ができることで組織の底上げが期待できます。情報の共有のメリットは、就業時のレポート作成が不要になることです。現場の状況はリアルタイムでアップされるのでいちいち報告書にまとめる必要がありません。マネジメントの分析もリアルタイムでできることからトラブルへの迅速な対応が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です