CRMは顧客情報を一元的に管理し、顧客とのやり取りをリアルタイムで記録し、社内で共有できるツールです。CRMを利用するメリットの一つは、顧客情報を集約して管理できることで生産性の向上に結び付けられる点にあります。顧客情報は、氏名や所属会社・属性など個人情報だけでなく、商談でのやりとりについての情報も含まれます。特に顧客との商談で発生したやりとりの詳細は、他の顧客のデータとともに比較・分析することで、より成功しやすい商売の形が見えたり、見込み客の選定などにも役立ちます。

一つ一つのデータを見てもわからなかったことが、データを集約して解析することで方向性が見え、パフォーマンスの向上にも役立つため、利用するメリットがあります。CRMの別のメリットは、情報を瞬時に取り出せるとともに、営業スタッフ全体で現状を共有することができる点にあります。営業現場では丁寧な対応とともにスピードが大切になります。顧客のニーズに合わせたスピーディーな対応のためには、必要な情報がすぐに取り出せることが大切です。

さらに、情報を共有することでスタッフ同士がお互いにフォローすることもできるので、部内での営業成績を上げることにもつながります。さらに、営業の仕事を効率化できることで、必要な業務に集中できる良さもあります。特に外回りをしている営業スタッフは、CRMが導入され、報告のために帰社する時間を減らすことができれば、さらに多くの顧客のところを回ることも可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です