CRMを駆使すると、顧客情報の一元管理で部署全体に連携感が生まれます。多くの場合営業担当者ごとで顧客情報を管理していることが多く、担当者によっては管理が不十分だったりフォローアップが適切にできていないということも多いのではないでしょうか。一方で、CRMでそれら情報を一元管理すれば、情報が可視化されて適切なフォローアップが可能になります。また、それら情報を分析することで、担当者と接点のない人や企業が優良な顧客になる可能性をもった顧客リストになることもあり、マーケティングの幅が広がります。

加えて、顧客情報を部門内はもちろんのこと、社内全体で共有することができるようになり、営業やマーケティング部門だけなくそのほかの部署やスタッフが連携して迅速かつ効果的なアプローチが可能になる点もメリットです。つまり、顧客情報の詳細がわかりやすい形で可視化された結果としてそのニーズを正確に把握することができ、最適なタイミングで最適な提案ができるようになります。さらに、営業担当者が変わっても情報が一元管理されているので漏れなく適切なフォローアップしてもらえる環境を得ることが可能です。さらに、CRMにより蓄積された過去の履歴から顧客の動向や効果を分析し、業務プロセスの大きな改善につながるPDCAサイクルを実行できるようになります。

繰り返しそのサイクルを回せば、より一層その内容に磨きがかかっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です