CRMは「カスタマーリレーションシップマネージメント」の略で、顧客を中心に据えて利益を最大化するための手法で、顧客のデータベースを分析・効率化することで、優良顧客の属性や新規獲得の糸口を見つけることが可能な方法です。主な機能としては顧客の情報(基本状況や購入履歴など)と問い合わせに関する管理、各種WEBマーケティングに必要な属性情報の分析などがあります。CRMで販売されている商品がどのような背景のユーザーに購入されているのかを把握すれば、新規獲得をする際にはどの媒体に広告配信すれば効果的かが分かるのです。購入し続けている人(優良顧客やリピーター)はどのような気持ちで再度購入しているかわかれば、効果的なクーポンなどを配信することも出来るでしょう。

逆に継続的に購入していた人が、いつの間にか購入しなくなったという形跡も把握することができます。その理由が重要であれば、謝礼を払ってインタビューをすることも出来るでしょう。アンケートサイトなどに委託して分析することも有効な手法です。CRMとほかのツールを組み合わせることでさらに深く顧客情報を把握することができるため、さらに効率的になります。

販促手法が間違えていた場合も、クーポンの利用が新規だけでリピートにつながっていないという結果が出るかもしれません。これによりクーポン配信をやめれば、余計なコストを圧縮することも出来ます。興味から販売有\迄一連の流れを、このCRMを使って把握することも可能なのです。CRMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です