収納棚自体の重量を抑えながら収納量を確保したい場合に使用したいのが、金属製のスチールラックです。これは、とりわけ収納する物の大きさが一定しない台所のような場所で役立ち、背板や側板が無いので各方向から物の出し入れができるメリットのある収納家具です。金属製だと特別な物にも感じられますが、ホームセンターや家具の量販店などでも購入することが可能で、小さめの物であれば百円均一雑貨でもパーツを購入することができます。何よりスチールラックは棚板が金網状で重量が抑えられているため軽量で、フック付きのバスケットを取り付けるなどカスタマイズがしやすい特徴があります。

もちろん、家庭用の場合は特殊な工具無しでも組み立てることが可能です。このように軽量でカスタマイズしやすいスチールラックですが、業務用に使用するのであれば、必ず業務用に適したものを導入してください。家庭用のスチールラックは安価で軽量な反面、棚板に重量物を長期間保管できるだけの強度がなかったり、支柱の強度がひずみに強いL字型ではないタイプがあります。特に家電製品や楽器などの重量物の保管を行う場合や、在庫の変動で負荷が片側に集中する可能性のある環境だと、安全に使用するためにはかなりの強度が求められます。

なお、業務用スチールラックは棚板が金網ではなく鉄板の場合が多く、カスタマイズの幅が限られる場合もあります。保管する品物の重さや種類に応じて棚板のタイプを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *