大容量で、使いやすいスチールは、リビングやキッチン、寝室などの収納で活躍します。スペースに合わせて大きさを選ぶことができ、棚板やポールを後からでも組み合わせることができるのでとても便利です。ポールと棚板を組み合わせるだけのシンプルな構造なので、収納力が高く使いやすいのですが、たくさんの物を収納したり、細かい物や見せたくない物を収納したりするときには、目隠しが欲しくなることもあります。スチールラックの目隠しをするときに、よく使われているのがカフェカーテンです。

リーズナブルにかわいらしいデザインのカフェカーテンが手に入りますし、引っかけて使うタイプのカーテンピンチやワイヤー、S字フックなどを使うと取り付けも簡単です。スチールラックの幅よりも長いカーテンを用意すると、ふんわりとひだがよりきれいに見えます。よく使う段の場合や段の高さが高い場合、幅が広い場合には、真ん中でめくることができるように2枚使うことがおすすめです。前面以外の面を隠したいという場合には、おしゃれな紙や布、不織布などが便利です。

一番上の棚の端に紙や布、不織布を取り付け、一番下の段の長さで切りそろえて内側に巻き込んでおくことでほこりが入り込みにくくなります。途中の部分は取り付けなくても自然に下に垂れますし、上下だけを付けておく方が交換するときに楽にできます。スチールラックは開口部が大きいので、背面に布や紙などを貼ると背面の部分が見えて雰囲気が変わるので、目隠しだけでなく雰囲気つくりとしてもおすすめの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *