オーダー家具には、既製家具とは違うメリットがあります。

個人のオーダーによって制作されるので、デザインを自由に変えることが出来ます。また、既に制作されて販売されている家具は、サイズが決まっていて、部屋にぴったり合わないこともありますが、オーダー家具なら部屋のサイズに合わせて制作することも可能です。更に使用目的によって仕様も変えられるのも魅力です。重たい本を入れたい場合や、電化製品を置くので熱などに強いものなど、条件に合わせて設計が出来ます。使う材料も、部屋の雰囲気や既に持っている家具の雰囲気に合わせて選べます。

デザインや使用目的を自由に選べるので、世界に一つだけの自分だけの家具を作れます。既製品だと、デザインがよくても色がなかったり、サイズが合わなかったり、使い勝手が悪かったりしますが、オーダー家具ならその心配もありません。更に、専門の職が制作するので造りも頑丈で、長持ちする家具になります。自分で組み立てる必要や、取付けなどもありません。様々なメリットがあるオーダー家具ですが、やはりデメリットもあります。

一つ目は、費用がかかることです。使用する資材が高いと自然と出来上がった家具も高額になります。また、家具は木製品になるので細部のデザインには、制約があったりします。これは、使用する板の厚みが薄いと強度で問題が出てくるので、デザインによっては出来ないこともあります。他には、欲しいときにはまだ出来上がっていないことです。コスト面や欲しいときにないというデメリットはありますが、自分だけのオリジナル家具を作る場合や、好きなデザインなどに拘りたいときなどはオーダー家具は唯一願いを叶えてくれるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *