オーダー家具では、よく見かけるとされるのが北欧風とかいわゆる欧州やアメリカなどで利用されているとされる家具について、注文がなされるところです。

特に北欧風のものは落ち着いた雰囲気のもので、好事家の間でこのタイプでオーダー家具を注文する人もいるほどです。日本でもこのオーダー家具は人気で、家の内装にあった家具を使いたいと考える人が多く、専門の業者に依頼して発注をかけていると言われています。また、中には暖炉なども用いている家があり、家具などもその雰囲気に合わせたものでないと納得が出来ないとして、こだわりの一品を注文する人もいます。

ただ、日本の住宅は基本的には手狭です。分譲住宅のように区画が決まっているような住宅では特にそれが顕著とされ、舶来の家具、オーダー家具などがそもそも家の中には入らないという問題が生じる場合が出てきます。寸法の確認や家に入れることが出来るかどうかは、慎重に判断されなければなりません。搬入口の確認も必要になるでしょう。

住宅に入れることが出来るとして、その他にも問題になるのがやはり家具の大きさです。家の中に入れて設置をしてみたものの、雰囲気に合わなかったり、あるいは家具が大きすぎて、部屋が狭く感じられるようになるといった問題が生じやすいと言われています。購入をする前に家の雰囲気に合ったものかどうか、そもそも搬入が可能かどうかといった問題をよく考えた上で、購入の決断をした方が無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *