家具屋さんに行き、部屋に合う家具を探してもなかなか見つからない時があります。

デザインの問題もありますが、機能性だったり、置くスペースだったり、実用性に関するものが多いように感じます。特にスペースの問題が頭を悩ませるでしょう。既存の家具を買う場合、あともう少し細ければ入るのにとか、あと数センチあればぴったり合うのにとか、日本ならではともいうべき悩みが必ず出てきます。そういう時に、オーダー家具は便利です。例えば、この寸法の家具が欲しいとなればそのように設計してもらえばいいのです。

また、引き出しはそんなにいらないから可愛いデザインにしてほしいとか、引き戸の枠をもっと派手にしてほしいとか、多少の無理なら聞いてもらえます。デザインの自由性や仕様の変更など、オーダー家具の場合、バリエーションが広がります。バリエーションが広がる一方、部屋との調和を念頭に入れておかないと大変なことになります。

和室に置くにしては派手すぎるとか、発注した机を置いたら、くつろげるスペースがないとか、作ってからでは遅いのでそういう調整は買う時から考えないといけません。既存の家具なら商品がすでにあるのでイメージしやすいですが、オーダー家具はまだ完成していないのでイメージがしにくいです。どういう家具なら部屋の雰囲気を壊さないかという考え方に立つか、こういう部屋に今後していきたいからこんな家具がいいという考え方に立つかは購入者次第です。オーダー家具はセンスが問われる一方、これほど買い物しがいのある商品は他にありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *