オーダー家具は、既製品の家具を購入するのと異なり、設置場所に合わせた作りにすることができるというメリットがあります。

即ち、自分の家のどこのどのような家具を置きたいのかという希望を明確にすれば、その希望に応じて家具屋さんが予算もきちんと考慮して設計してくれます。部屋や家具の用途、室内の雰囲気との調和等も含めて設計してくれますし、必要に応じて設置場所の寸法を測って設計もしてくれます。そのため、オーダー家具は部屋の雰囲気を乱すことなく、部屋と調和して存在することができますし、どのような目的で使いたいのかという希望をきちんと家具屋さんに伝えることで、既製品の家具にはない使い易い家具となります。

このようなオーダー家具は、家の新築に合わせて作り付け家具として購入する方法もありますが、家を建てた後に購入する場合にも、既製品の家具と比べると制約が少ないのが特徴です。部屋の雰囲気に合わせて使用目的に合った便利な家具を手に入れることができるのは勿論、家の入口から、設置場所となる部屋等の搬入経路も考慮して設計してくれることが、既製品の家具を購入する場合とは大きく異なるメリットです。

搬入経路の採寸も設計段階に行われるので、搬入できる組立状態で家まで届けられ、輸送員の手によって設置場所となる部屋等に運び込まれてから最終組み立てとなります。そのため、既製品の家具だと搬入は不可能だと思われるような場所にも搬入してくれます。そのため、オーダー家具ならば、希望の設置場所に希望の家具を設置することが可能となるのです。
スチールラックのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *