家具を選ぶのは生涯で3~4度というところが、通常の人の数ではないでしょうか。

たとえば、ダイニングのテーブルは、結婚当初、子供が増えて大きなものにしたいとき、使いこんで傷んだために買い替えたくなったとき、そして、悠悠自適な生活に入るときに、少しは贅沢で座っただけでくつろげるようなものにしたいとかという具合でしょう。人によっては、白い色にこだわりがあったり、必要なときにテーブルが広くなるようなものが絶対条件であったり、椅子にも柔らかさや、安定感など様々な求めるものがあったりですから、選定すること自体が一大事業になります。

でも家具を選ぶときは、後悔しないためにも家族の年齢構成を8年から10年レベルで考えるのが、賢明な方法です。お客様が来たときにおもてなしができるものとか、部屋の感じが良くなるものとかの要素は後のこととしておく必要があります。小さなお子さんのご家庭では、クレヨンでいたずら書きは避けられないこともありますし、鉛筆やとがった文具で傷がつけられることもあります。元気なお子さんであれば椅子そのものが遊び道具となって、前後にゆすったり、左右に揺らしたりすることもあります。どんなに頑固に作った家具でも、寿命は自ずと短くなります。背の高さとテーブルや椅子の高さの関係も、長い月日では変化していきます。第一、子供たちも家具の色や使い心地に興味を持つこともあります。こんなことを考えて、買い替え時期を特定し、それから何年くらい使うかを見込んで、お金の投入額や質やその他のスペックを決めるのが、後悔しない方法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *