長い時間を過ごすリビングルームはいつもスッキリと快適に、リラックスできる空間にしたいものです。

来客の際にも居心地の良い空間でおもてなししたいですよね。インテリアには個性や好み、それぞれの生活スタイルがありますのでもちろんルールなどはありませんが、生活感にあふれすぎているよりは、できるだけスッキリと片付いて居心地の良い空間の方が毎日を気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。家の間取りや収納の数なども住宅によりさまざまですが、生活に必要な日用品、衣服などはできるだけ出しっぱなしにせず片づけられるような収納場所が必要となります。クローゼットや押し入れなどの造り付けの収納に物が収まらないときは収納家具を用いて物をしまえるようにしましょう。

収納はそこにしまう物の量に対して大き目なものを選ぶのがコツです。物に対してスペースが広い方が出し入れにも便利で片づけること自体が億劫になることを防ぐことができます。新しく家具を購入する際は、自宅の家具と色や質感が同じものを選ぶことで部屋全体の統一感を出すことができ、見た目にもスッキリとしたものになります。日当たりがあまりよくないリビングは白や薄い色の家具を設置することで部屋を明るくすることができるだけでなく、空間も広く見せることもできます。まったく同じ色ばかりではつまらないという方には刺し色としてカーテンやソファーカバー、クッションなどのファブリックに好みの色を使ってみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *