家具は、最近では簡易なものも多く現れ、たとえば服を掛けるものなども、大きな衣装ケースなどではなく簡易なものが売られるようになって久しくなりました。

結婚時に、婚礼道具として購入した人もいた時代にあっては貴重なものでしたが、現代にあっては荷物が多いことはそれだけ不便さを感じる一つの要因ともなります。いったん家具を購入すると、その家具特に大きいものなどは捨てるに捨てられなくなります。したがって、それだけその家具に家の間取りの一部などをとられてしまい、結果として動かすに動かせず室内の模様替えそれ自体も厳しくなってしまうことでしょう。また、いざ不要となって廃棄したいと考えても、廃棄するのにお金がかかる時代です。大きな家具に収納することよりも、収納しなければいけないものを選別することで、すっきりさせる方が悩むことは少なくなります。

衣類で1年以上着ていない普段着などは、そのまましまい込んでしまってもその後着ることはまずまれです。したがって、中に収納する服などの量それ自体の調整を図る方が現実的であると言えるでしょう。中に収納するものが少なくなれば、それだけ入れるための収納に関するものも少なくて済む計算になってきます。物を持つことよりも、必要か不要か整理整頓を中心に考える方が現実的であるという考え方を持てば、大きな収納用具は必要ないと考えられるようになってきます。発想の転換が必要になるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *