お部屋の模様替えを考えた時、女性や高齢者が重い家具を動かすのはなかなか苦労するものです。

なぜかというと、重量があると持ち上げにくくなるし、かといって無理に引きずってしまえばフローリングに傷がつく可能性があるからです。

とくに賃貸住宅の場合、フローリングに傷がついてしまえば、退去をする際にあとあと敷金から引かれる可能性もありますから注意が必要だといえるでしょう。では、模様替えをしたい時にどうしたらよいのかというと、身近に家具の移動を手伝ってくれる人がいないかどうか探しましょう。家族でいえば父親、母親、兄弟などが考えられます。また、友人、知人で力持ちの男性がいれば、確認してみます。協力をしてくれるようであれば、フローリングを傷つける心配もなく家具を動かすことができるため、一安心なのです。しかし、中には運んでくれる人がいない、というケースも考えられます。

そんな場合の対処法としては、便利屋、模様替えサービスを行っている業者を利用するのも1つの方法です。有料にはなりますが、どこに運んでほしいといった指示を出すだけで動かしてくれるのは大変便利です。重い物を持つ必要がないため、気軽に模様替えを行うといったこともできますから、気分転換にももってこいでしょう。ただ、事前にある程度どのように配置したいかイメージを置いた方がよりスムーズに作業を行うことができます。あれこれ悩んでしまっては作業効率も落ちてしまうため、よく計画を練ってから依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *