住宅を新築したり転勤などで引っ越しをすると、新しい家具がどうしても必要になってきます。

そんな家具を選ぶときはどの様な事に注意すべきでしょうか。まずどの部屋のどの場所にどんな目的で家具が必要かを書き出して見ましょう。例えば子ども部屋のクローゼットの隣のスペースに、本棚を兼ねた収納用の棚が必要であると書き出してみましょう。次にその棚を設置するスペースの大きさを測定しましょう。幅が何cmで奥行が何cmそして高さが何cmと、測定した寸法をメモして持ってゆきそのスペースに無駄の出ない大きさの物を選定しましょう。

購入する家具のデザインや色調も違和感の無いものにするために、部屋全体の色調や横のクローゼットの扉のデザインや色調もメモして持ってゆきましょう。間違いのの無い方法はデジカメで撮影して持って行き、お店でそれを見ながらデザインや色調を合わせると良いでしょう。そして忘れてならないのが収納する本の大きさや、収納棚に入れるものの大きさが分っている場合はその大きさを測りデジカメで撮影して持ってゆくと良いでしょう。

店員に相談する場合はデジカメで撮影しておくと、部屋の雰囲気や色調などが分るので適切なアドバイスをしてくれるでしょう。子供部屋の収納棚などは成長と共に収納する物の種類や大きさが変わってくるので、棚板や間仕切りなどをそのつど変更できる移動式のものが良いでしょう。このように家具を選ぶときは目的に叶うもので、部屋の雰囲気や色調に合う違和感の無いものを選ぶようにしましょう。
スチールラックのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *