家具はきちんと丁寧に扱うことによって長持ちします。

特に天然木を使った家具の場合取り扱いには注意が必要です。では天然木を使った家具はどのように取り扱うようにすべきでしょうか。まず、移動する際には引きずらないようにします。それは床を傷つけるだけでなく、家具も傷つけることになります。また水平に置くようにしなければなりません。もし斜めに設置するならばゆがんでしまうかもしれません。そしてその歪みがだんだん大きくなるにつれてある部分に大きな負担がかかり破損してしまうということもあります。

すでに組み立てられているものではなく自分たちで組み立てする際には、金具をきちんと固定するようにしなければなりません。また時間の経過とともに金具が緩むということも考えられます。それで定期的に金具に緩みが起きていないかどうかを点検するようにします。もしその緩みを放っておくならば壊れたり、その近くにいたために怪我をするということがあります。

直射日光が当たらないような場所に置くということも大事なことです。天然木は熱に弱いです。また水分も弱いです。木は乾燥しすぎると割れてしまうという認識がある人も少なくありませんが、しかし湿気が多くても良くありません。湿気や乾燥が激しいと収縮を起こしてしまいます。そのような事が起きないように十分に注意を払う必要があります。天然木の家具は使えば使うほど、味わいが出てきます。ぜひ大切に扱いたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *