医療レーザー脱毛でツルスベに

医療レーザー脱毛を受ける時に気を付けたい点とは

医療レーザー脱毛を受ける時には、やはり痛みはあるのでしょうか。

個人差がありますが、輪ゴムでぴんと弾かれた感じ、あれに似た痛みを感じることがあります。特に肌が敏感な人や薄い人の場合は、かなりの痛みを覚えることもあります。そのような時は無理せずに、医師または看護師に言って、早めに出力を止めてもらう、あるいは弱めてもらうようにしましょう。脱毛ももちろん大事ですが、痛みがひどいのを我慢することはありません。もし皮膚にダメージが出た場合は、クリニックで薬を処方してくれます。

この場合は塗り薬が中心ですが、飲み薬を併用することもあります。いずれの場合も、必ず指示に従って使うようにしてください。また、医療レーザー脱毛の施術を受けた後、帰宅してから痛みが出た場合には、まずそこを冷やすようにしてください。氷嚢でも冷却シートでも構いませんので、痛みがやわらぐまで冷やし続けるようにしましょう。そのまま放っておくと、痛みが治まらないのみならず、毛嚢炎という皮膚病を起こすことがあります。

この毛嚢炎というのは、細菌感染によって皮膚にぶつぶつが出来るもので、主に抗生物質を使って治療を行うことになります。またこの毛嚢炎は、医療レーザー脱毛の施術直後のみならず、日数が経ってから起こることも多いので、施術を受けている時は注意が必要です。とにかく痛みが出た場合は、必ず痛みが無くなるまで冷やして、出来るだけ早く施術を受けたクリニックに行き、相談することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *